業者による実車の査定においてはメーカーや車種だけでなく、一見するだけ

業者による実車の査定においてはメーカーや車種だけでなく、一見するだけ

業者による実車の査定においてはメーカーや種だけでなく、一見するだけでは難しい、年式やグレード、ボディカラーなどは車検証の記載を見てきちんと確認することが当たり前のこととなっています。



そして、各機器や自体の動作チェックがおこなわれ、外装も隅々までみますし、エンジンルームも入念な点検が必須であり、そういったことも含めると、の査定を受けるのには少なくとも15分、おおむね30分は必要だと考えておいた方が良いでしょう。 (さらに…)

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車の売却査定の際にしっかり確認されます。あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。 (さらに…)

車の査定を受けるときには社外パーツを付けている車は一般的に悪い評価

車の査定を受けるときには社外パーツを付けている車は一般的に悪い評価

の査定を受けるときには社外パーツを付けているは一般的に悪い評価になってしまうので純正パーツを元しておいてください。

ただし、メーカーのパーツに戻すのに工事の費用がかかるときは、戻す金額よりも工事費のほうが高くつくため触らずに今のまま見積りしたほうが良いです。 (さらに…)

車を買い取ってもらう時に気がかりになるのは、自

車を買い取ってもらう時に気がかりになるのは、自

を買い取ってもらう時に気がかりになるのは、自分のがどれくらいの値段で売れるものなのかということだと考えます。



当たり前ですが、個体差があることは了解していますが、下取り相場表風のもので、事前に見定めておけると、心を落ちついけて話し合うことができると思います。 (さらに…)

普通にしていても勝手にできてしまう軽い傷や細かなへこみは、多く

普通にしていても勝手にできてしまう軽い傷や細かなへこみは、多く

普通にしていても勝手にできてしまう軽い傷や細かなへこみは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり神経質になることはありません。触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズやしっかりと目で分かるへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定が低くなるのを避けるために自らお金を出して修理しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。 (さらに…)